世界中からイイ靴を!

ワールド フットウェア ギャラリー(WFG)と名だたるシューズブランドとの「40年物語」

シューズセレクトショップの先駆けでもあるワールド フットウェア ギャラリーは、「世界中からイイ靴を!」がモットー。店内を見渡せば、そこはまるで世界各地の名靴&良靴のミュージアムのようで、思わず目が釘付けに! まさに「イイ靴」を探すのに欠かせないショップなのです。

しかも、同店が他に先駆けて日本に紹介したブランドは数知れず、「ここで、あのブランドを初めて目の当たりにした!」という靴好きは少なくありません。 ということで、同店スタッフたちの“証言”をもとに、今日まで高級メンズシューズ人気を牽引し続けてきた同店と各ブランドとの“出会い”の物語を紹介していきます!


※本企画は、多くの媒体で靴関連の記事を寄稿してきたライター山田純貴氏が、取材に基づいて執筆したものです。


「ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店」店内(2009年当時)


ワールドフットウェアギャラリーは日本初のシューズセレクトショップとして
1991年に誕生しました!


主に欧米で発展してきた革靴の文化を伝え続けるワールド フットウェア ギャラリーは、株式会社ダブル・エフ・ジー(1979年創業)が運営する高級革靴&革製品の専門ショップです。ながらくインポートシューズの輸入・卸に従事してきた創業者が、そのネットワークとノウハウをベースに、1980年、大阪・梅田の旧・富国生命ビル1階に第1号店(現在は閉店)をオープンしたのが、その始まりです。
1991年には、いまなおフラッグシップショップであり続けるワールド フットウェア ギャラリー神宮前本店も開業し、やがてその存在が広く知られるようになりました。




1980年にオープンしたワールド フットウェア ギャラリー1号店

店名が体言しているとおり、ワールド フットウェア ギャラリーには「世界中からイイ靴を!」をモットーに、スタッフたちが各国を訪ね歩いて集めた名靴&良靴が多数取り揃えられており、その姿勢は開業時か ら現在にいたるまで揺らぐことはありません。しかも、今でこそ他店、あるいは大手百貨店の紳士靴売場などにこうした品揃えは散見できますが、当時は、さまざまなブランドの製品が一堂に集められた高 級靴専門セレクトショップは存在せず、ワールド フットウェア ギャラリーはその先駆けとなりました。

ワールド フットウェア ギャラリーの品揃えは、そのほぼ全てが、いわゆるファクトリーブランドの製品です。ファッション界におけるファクトリーブランドの台頭は’90年代に始まりましたが、偶然ではあるもの の、期を同じくするように登場したワールド フットウェア ギャラリーは、メンズシューズにおけるファクトリーブランド人気も主導することになったのです。





1994年頃の神宮前本店店内。

ワールド フットウェア ギャラリーはさまざまなシューズブランドを日本に紹介してきました!


同店で日本に初デビューしたインポートブランドは数多く、あるいはここが取り扱いを始めたことで広く認知されるようになったインポート&ドメスティックブランドもあまた存在します。しかもそれだ けではなく、ショップ経営を手掛ける以前の1979年から輸入・卸をとおして、さまざまなインポートブランドを日本に紹介してきました。それゆえに、同社&同店と各シューズブランドとの関係を振り返 るとき、私たちはこの過去40数年間の、日本における高級メンズシューズの歴史を知ることができるのです。

下記の「ワールド フットウェア ギャラリーのシューズブランドと歩んだ40年史」は、株式会社ダブル・エフ・ジーがこれまでに取り扱った、主なブランドを販売開始年の順に表したもの。この年表で、現 在では広くその名が知られている数々のブランドが居並ぶ様を見れば、そのそうそうたる“顔ぶれ”に圧倒されることでしょう。そして、ここから、ワールド フットウェア ギャラリーの鋭い審美眼、高い見 識、パイオニアスピリット、そしてシューズ史への大いなる貢献を見て取ることができます。

このコーナーは同店のスタッフたちに、下記の年表に列挙された各シューズブランドが同社&同店で取り扱われるにいたるエピソードなどをうかがい、その回顧談をもとに、過去40数年間の高級靴人 気の発展の歩みをうかがう試みとなります。とはいえ、お話の内容はいずれもざっくばらんなものなので、楽しみながら、お気軽に拝読いただければ嬉しく思います。

シューズセレクトショップの先駆けでもあるワールド フットウェア ギャラリーは、「世界中からイイ靴を!」がモットー。店内を見渡せば、そこはまるで世界各地の名靴&良靴のミュージアムのようで、思わず目が釘付けに! まさに「イイ靴」を探すのに欠かせないショップなのです。

しかも、同店が他に先駆けて日本に紹介したブランドは数知れず、「ここで、あのブランドを初めて目の当たりにした!」という靴好きは少なくありません。ということで、同店スタッフたちの“証言”をもとに、今日まで高級メンズシューズ人気を牽引し続けてきた同店と各ブランドとの“出会い”の物語を紹介していきます!

※本企画は、多くの媒体で靴関連の記事を寄稿してきたライター山田純貴氏が、取材に基づいて執筆したものです。

「ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店」店内(2009年当時)

ワールド フットウェア ギャラリーは日本初のシューズセレクトショップとして 1991年に誕生しました!

主に欧米で発展してきた革靴の文化を伝え続けるワールド フットウェア ギャラリーは、株式会社ダブル・エフ・ジー(1979年創業)が運営する高級革靴&革製品の専門ショップです。ながらくインポートシューズの輸入・卸に従事してきた創業者が、そのネットワークとノウハウをベースに、1980年、大阪・梅田の旧・富国生命ビル1階に第1号店(現在は閉店)をオープンしたのが、その始まりです。1991年には、いまなおフラッグシップショップであり続けるワールド フットウェア ギャラリー神宮前本店も開業し、やがてその存在が広く知られるようになりました。

1980-firtst

1980年にオープンした
ワールド フットウェア ギャラリー1号店

1994年頃の神宮前本店店内。

ワールド フットウェア ギャラリーは さまざまなシューズブランドを 日本に紹介してきました!

同店で日本に初デビューしたインポートブランドは数多く、あるいはここが取り扱いを始めたことで広く認知されるようになったインポート&ドメスティックブランドもあまた存在します。しかもそれだけではなく、ショップ経営を手掛ける以前の1979年から輸入・卸をとおして、さまざまなインポートブランドを日本に紹介してきました。それゆえに、同社&同店と各シューズブランドとの関係を振り返るとき、私たちはこの過去40数年間の、日本における高級メンズシューズの歴史を知ることができるのです。

下記の「ワールド フットウェア ギャラリーのシューズブランドと歩んだ40年史」は、株式会社ダブル・エフ・ジーがこれまでに取り扱った、主なブランドを販売開始年の順に表したもの。この年表で、現在では広くその名が知られている数々のブランドが居並ぶ様を見れば、そのそうそうたる“顔ぶれ”に圧倒されることでしょう。そして、ここから、ワールド フットウェア ギャラリーの鋭い審美眼、高い見識、パイオニアスピリット、そしてシューズ史への大いなる貢献を見て取ることができます。

このコーナーは同店のスタッフたちに、下記の年表に列挙された各シューズブランドが同社&同店で取り扱われるにいたるエピソードなどをうかがい、その回顧談をもとに、過去40数年間の高級靴人気の発展の歩みをうかがう試みとなります。とはいえ、お話の内容はいずれもざっくばらんなものなので、楽しみながら、お気軽に拝読いただければ嬉しく思います。

ワールド フットウェア ギャラリーのシューズブランドと歩んだ40年史

トップサイダーの輸入・卸をスタートさせた1979年から 今日までの約40年間、株式会社ダブル・エフ・ジーが取り扱ってきた 国内・外のブランドを、取り扱い開始年の順に整理し、以下で年表にしました。 この年表はコンテンツを兼ねており、各ブランドをクリックすると、 当時の“出会いの物語”がご覧いただけます。 ※今後、順次情報を追加していきます。


    1979  TOP SIDER トップサイダー (U.S.A.)


    1982  G.H.BASS G.H.バス (U.S.A.)

    1982  LOBB’S ロブス (ITALY)

    1983  SUPERGA スペルガ (ITALY)

    1983  SAINT JEAN DE LUZ

                  サン・ジャン・ド・リュズ (FRANCE)

    1985  G.T.HAWKINS 

                  G.T.ホーキンス (ENGLAND)

    1985  BIRKENSTOCK

                  ビルケンシュトック (GERMANY)

    1986  ALFRED SARGENT

                  アルフレッド・サージェント           

                  (ENGLAND)

    1986  CREEKS クリークス (FRANCE)

    1986  LA CORDONNERIE ANGLAISE

                  コルドヌリ・アングレーゼ               

                  (FRANCE)

    1987  PARABOOT

                  パラブーツ (FRANCE)

    1987  TRICKER’S

                  トリッカーズ (ENGLAND)

    1991       WORLD FOOTWEAR GALLERY 

                   ワールド フットウェア ギャラリー
                   (JAPAN)

    1991      AIGLE エーグル(FRANCE)

    1991  PALLADIUM パラディウム (FRANCE)

    1991  CAMPER カンペール (SPAIN)

    1992  ALDEN オールデン (U.S.A.)

    1992  YANKO ヤンコ (SPAIN)

    1997      OLIVER SWEENY

                 オリバー・スウィニー (ENGLAND)

    1998   GRENSON グレンソン (ENGLAND)

    1999     HIRO YANAGIMACHI

                 ヒロ・ヤナギマチ (JAPAN)

    2001     HUGO & ENZO

                 ウーゴ&エンツォ (FRANCE)

    2002   MAGNANNI マグナーニ (SPAIN)

    2002   SANTONI サントーニ (ITALY)

    2003     SILVANO SASSETTI

                 シルバノ・サセッティ (ITALY)

    2003   BOLLINI ボリーニ (ITALY)

    2004   DUCAL デュカル (ITALY) 

    2004   DI MELLA ディメッラ (ITALY)

    2004   ARTIOLI アルティオリ (ITALY)

    2004     SILVANO LATTANZI

                 シルバノ ラッタンツィ (ITALY)

    2005   ZAMPIERRE サンピエーレ (SPAIN)

    2005   DE GIER ドゥ ジエール (FRANCE)
    2006   PERFETTO ペルフェット (JAPAN)
    2007
         CORDWAINER
     
                 コードウェイナー (SPAIN)
     

    2007   ITALIGENTE

                 イタリジェンテ (SWEDEN)

    2008  JESUS CANOVAS

                 ヘスス カノヴァス (SPAIN)

    2009   FRANCESCO BENIGNO

                 フランチェスコ べニーニョ (ITALY)

    2009   MIYAGI KOGYO  

        ミヤギ コウギョウ (JAPAN)
    2009      UNION IMPERIAL
         
                  ユニオンインペリアル (JAPAN)

    2011   NEGRONI  ネグローニ (JAPAN)

    2013   CENTRAL セントラル (JAPAN)

    2013   PIKOLINOS ピコリノス (SPAIN)

    2014     FUGASHIN
     フウガシン (JAPAN/VIETNAM)
      

    2014     BEN & SONS

                 ベン&サンズ (MOROCCO)

    2015    JOSEPH MALINGE

                ジョセフ マリンジ (FRANCE)

    2016  ORIENTAL オリエンタル (JAPAN)

    2016  NPS エヌピーエス (ENGLAND)

    2017  ALMINI アルミニ (ITALY)

    2017  CALPIERRE カルピエーレ (ITALY)

    2017  LOAKE ローク (ENGLAND)

    2018  THE HARVEY ザ ハーヴィー (JAPAN)

    2019  DIS ディー アイ エス (ITALY)

    2019  arche アルシュ (FRANCE)

    2020  CAGIANA カジーナ (JAPAN)

    1979年  TOP SIDER トップサイダー (U.S.A.)

    1982年  G.H.BASS G.H.バス (U.S.A.)
    1982年  LOBB’S ロブス (ITALY) 
    1983年  SUPERGA スペルガ (ITALY)
    1983年  SAINT JEAN DE LUZ サン・ジャン・ド・リュズ (FRANCE)
    1985年  G.T.HAWKINS G.T.ホーキンス (ENGLAND)
    1985年  BIRKENSTOCK ビルケンシュトック (GERMANY)
    1986年  ALFRED SARGENT アルフレッド・サージェント (ENGLAND)
    1986年  CREEKS クリークス (FRANCE)
    1986年  LA CORDONNERIE ANGLAISE コルドヌリ・アングレーゼ (FRANCE)
    1987年  PARABOOT パラブーツ (FRANCE)
    1987年  TRICKER’S トリッカーズ (ENGLAND)

    1991年  WORLD FOOTWEAR GALLERY ワールド フットウェア ギャラリー (JAPAN)
    1991年  AIGLE エーグル (FRANCE)
    1991年  PALLADIUM パラディウム (FRANCE)
    1991年  CAMPER カンペール (SPAIN)
    1992年  ALDEN オールデン (U.S.A.)
    1992年  YANKO ヤンコ (SPAIN)
    1997年  OLIVER SWEENY オリバー・スウィニー (ENGLAND)
    1998年  GRENSON グレンソン (ENGLAND)
    1999年  HIRO YANAGIMACHI ヒロ・ヤナギマチ (JAPAN)

    2001年  HUGO & ENZO ウーゴ&エンツォ (FRANCE)
    2002年  MAGNANNI マグナーニ (SPAIN)
    2002年  SANTONI サントーニ (ITALY)
    2003年  SILVANO SASSETTI シルバノ・サセッティ (ITALY)
    2003年  BOLLINI ボリーニ (ITALY)
    2004年  DUCAL デュカル (ITALY)
    2004年  DI MELLA ディメッラ (ITALY)
    2004年  ARTIOLI アルティオリ (ITALY)
    2004年  SILVANO LATTANZI シルバノ ラッタンツィ (ITALY)
    2005年  ZAMPIERRE サンピエーレ (SPAIN)
    2005年  DE GIER ドゥ ジエール (FRANCE)
    2006年  PERFETTO ペルフェット (JAPAN)
    2007年  CORDWAINER コードウェイナー (SPAIN) 
    2007年  ITALIGENTE イタリジェンテ (SWEDEN)
    2008年  JESUS CANOVAS ヘスス カノヴァス (SPAIN)
    2009年  FRANCESCO BENIGNO フランチェスコ べニーニョ (ITALY)
    2009年  MIYAGI KOGYO ミヤギ コウギョウ (JAPAN)
    2009年  UNION IMPERIAL ユニオンインペリアル (JAPAN)

    2011年  NEGRONI ネグローニ (JAPAN)
    2013年  CENTRAL セントラル (JAPAN)
    2013年  PIKOLINOS ピコリノス (SPAIN)
    2014年  FUGASHIN フウガシン (JAPAN/VIETNAM)
    2014年  BEN & SONS ベン&サンズ (MOROCCO)
    2015年  JOSEPH MALINGE ジョセフ マリンジ (FRANCE)
    2016年  ORIENTAL オリエンタル (JAPAN)
    2016年  NPS エヌピーエス (ENGLAND)
    2017年     ALMINI アルミニ (ITALY)
    2017年  CALPIERRE カルピエーレ (ITALY)
    2017年  LOAKE ローク (ENGLAND)
    2018年  THE HARVEY ザ ハーヴィー (JAPAN)
    2019年  DIS ディー アイ エス (ITALY)
    2019年  arche アルシュ (FRANCE)
    2020年    CAGIANA カジーナ (JAPAN)

    </style>

    以下年代別リストより、ブランド詳細ページがご覧頂けます。
    • 1979年 TOP SIDER トップサイダー (U.S.A.)
    worldfootweargalllery-ロゴ

    <WFGは"靴屋"ではありません> 

    革製品は、経年変化を楽しめる嗜好品であり、時を超えたエレガンスを持ち続けます。 WFGは40年の歴史の中で、革靴先進国の文化と革製品の魅力を伝えて来ました。 その靴は、どのような人が、どのような背景で作ったのか。WFGの取り扱うすべての靴には物語が存在します。それをお客様に人生の一部として共有して頂けること。WFGは商品を通し「お客様の人生をかたちづくる"エッセンス"」の1つを提供しています。

    <靴は意志の実現に欠かせないもの> 

    生きるとは意志を持って移動することです。 人間は意志を持っており、その意志を広く伝達させるために神が足という移動手段を与えてくださったとすると、その意志の伝達と実現に靴は欠かせないものです。WFGは、1979年の創業から現在に至るまで、一生履ける靴を日本に紹介しようと世界中を探し歩いています。

    <靴は痛みを感じるもの> 

    靴は身につけるすべてのモノのなかで一番体に密着しています。 そして、下着や靴下などの肌着も含めたすべての身につけるモノのなかで、唯一痛みを感じます。 ですので靴は制作行程に手が入れば入るほど、痛みのリスクが軽減され素晴らしさが実感出来る装身具ともいえます。WFGでは、お客様へのコンシェルジュサービスに力を入れると共に、手のぬくもりが感じられる商品のご提案を大切にしています。

    <WFGの精神>

    WFGは、1979年創業以来、革靴をはじめとした靴における様々な海外のブランドを日本にいち早く紹介してきました。WFGは、今後も歴史ある革靴の魅力の再発信と共に常に新たな挑戦をし続けて行きます。

    セクション