世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 LOAKE(ENGLAND)  2017年~

ブログ

最近の投稿

GINZA SIX店 WFG×Oriental 5周年記念! スーパーモアバリエーションフェア開催のご案内!
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 CALPIERRE(ITALY)  2017年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 Joseph MALINGE(FRANCE)  2015年~

おすすめ記事

世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 BOLLINI(ITALY)  2003年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと名だたるシューズブランドとの「40年物語」  LOBB’S(ITALY)1982年~
9分仕立ての靴について語ります

タグ

ローク/英国王室からネオ・モッズまで!英国人たちに広く愛され続ける正統ブランド

 

ローク 「ブライトン LKW1021A」

キルトタッセルローファーの名品。’80年代の英国ロックミュージシャンたちが愛履きしたのは「ドクターマーチン」ソール採用だったが、本品ではレザーソールとし、大人の足元に違和感のないたたずまいにしている。アッパーはイタリア製バインダーカーフで、旧式ミシンを使って低速で施されたモカ縫いは糸締まりがよく、手縫いモカのごとく美しく味わい深い。指周りにゆとりをもたせつつも土踏まずはホールド感が強く、履き口が内側に向かって傾斜しているため、踵(かかと)抜けしにくい設計だ。グッドイヤーウェルト製法。ブラックのみ。4万8400円(税込み)。

’80年代モッズのファッションアイテムになったローファー「ブライトン」がブランドの象徴作

現存する英国靴の老舗メーカーの一角を担う名門ロークは1880年、トーマス氏、ジョン氏、ウィリアム氏のローク3兄弟により、ノーザンプトンシャー州の州都ノーザンプトンの北北東にある町ケタリング(この町も古くから製靴業が盛んだった)のキングストリートで設立されました。1894年には、現・工場のある同地ウッドストリートに移転。現在は、ジョン・ローク氏のひ孫に当るアンドリュー・ローク氏によって経営されています。また、2007年に英国王室からロイヤルワラントを賜っており、翌年には同国の「フットウェアアワード」で上位入賞も果たし、名実ともに英国靴を代表するブランドとしての地位を確固たるものにしました。

ところでロークの代表モデルといえば、それはキルトタッセルローファー「ブライトン」(トップ写真参照)でしょう。1980年代、英国のロックミュージシャンたちが愛用したことで、いまなお、このモデルのファンは少なくありません。なかでも「モッド・ファーザー」ことポール・ウェラー氏は、パンク&ニューウェイブバンド、ザ・ジャムの解散後に結成したザ・スタイル・カウンシルの時代に、この靴を履き、それに触発された当時のネオ・モッズたちも愛用。さらに元セックス・ピストルズのジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)氏、エルビス・コステロ氏といったミュージシャンたちの足元も飾ったのです。

ノーブルさとヒップさという、相反する雰囲気を兼ね備えた「ブライトン」は、アメリカンローファーとは一線を画したたたずまいにより、ロンドンスタイルを志向する人々にとって欠かすことのできないアイテムであり続けています。

 

「ロスチャイルド LKW1018A」は一見、英国ドレス靴らしいオーソドックスなキャップトウオックスフォードだが、実は、本国でも使われているモデルが稀な木型「デューク」を採用。チゼルスクエアトウで、前足部両サイドのウォールの立ちが急峻ゆえに、ベーシックなラウンドトウに比してシャープ、かつ色気ある表情に仕上がっている。アッパーにドイツ製カーフを採用。グッドイヤーウェルト製法。レザーソール。ブラックのみ。6万1600円(税込み)。

「本格英国靴がお好きなお客様から熱心に支持をいただいているブランドです」 by WFG スタッフ

「ロークは、うちの店が取り扱う商品の中では数少ない正統的英国トラッドのファクトリーブランドです。日本のメーカーが作る英国調も品質が高くて魅力的なんですが、本場の製品には日本人の感性では表せない味が感じられて、それはロークも例外ではありません。『ブライトン』にしても、現在では稀少となった特殊ミシンが駆使できるからこそ、あのモカの味わいが出せるわけで、まさに唯一無二のローファーなのだと思います。こうしたこともあって、ロークは当店にいらっしゃるお客様の中でも、ことに英国靴がお好きな方々に熱心に支持していただいています」

 

イマ、買えるロークの紹介はコチラ! → https://wfg-net.com/collections/loake

 

以上、執筆:雑誌ライター 山田純貴

ブログ開く

最近の投稿開く

GINZA SIX店 WFG×Oriental 5周年記念! スーパーモアバリエーションフェア開催のご案内!
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 CALPIERRE(ITALY)  2017年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 Joseph MALINGE(FRANCE)  2015年~

おすすめ記事開く

世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 BOLLINI(ITALY)  2003年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと名だたるシューズブランドとの「40年物語」  LOBB’S(ITALY)1982年~
9分仕立ての靴について語ります

タグ開く