「えむわい」の魅力大解剖!

ブログ

最近の投稿

世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 ARTIOLI(ITALY)  2004年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 CENTRAL(JAPAN)   2012年~2017年
GINZASIX店 アウトドアフェア! dubarry & Bibury Court POP UP開催のお知らせ

おすすめ記事

世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 BOLLINI(ITALY)  2003年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと名だたるシューズブランドとの「40年物語」  LOBB’S(ITALY)1982年~
9分仕立ての靴について語ります

タグ

 310()、私はお店ではなく、渋谷におりました。

渋谷ヒカリエにて開催されていたPROJECT TOKYOの展示ブースにて宮城興業さんが出展しているということで、今後の打ち合わせや現在ポップアップで開催している「えむわい」について詳しくお話を伺うために訪問してきました。

「えむわい」の企画・ブランド立ち上げを担当されたのは同社の皆川真吾さん。

展示会にちょうどいらしていたのは生みの親の皆川さん。皆川さんから「えむわい」誕生、ホームページでは書き切れていない詳細な裏話まで聞けたので、お伝えしてまいります。

Q1.「えむわい」はいつ誕生したのですか?

—えむわいは2020年の春夏シーズンにスタートしたばかりの宮城興業のプライベートブランドになります。生まれたてのブランドなんです。構想自体は何年か前からあったのですが、実際にプロトタイプが出来上がり始めたのが、2年ほど前からです。

Q2.誕生のきっかけを教えてください

―やはりライフスタイルの変化への対応というのが一番にあります。特に昨年から続くコロナウイルスの蔓延によって、生活環境も大きく変わって、スーツやジャケットというものを着る機会、着方そのものも変わっているというのは私たちも認識していました。

また、コロナウイルスが蔓延するより前から具体的にはスニーカーの需要というのが増えているということです。スニーカーをお求めになるお客様に対応するためにも、プライベートブランドは必要であろうということでプロジェクトを立ち上げました。

 

Q3.コンセプトはどういったものなのでしょうか?

―コンセプトは一言で言うと「ハイブリッドスニーカー」です。

宮城興業としては、いつもご愛顧いただいている個人・法人のお客様より「伝統的で実直な靴作り」を特に高く評価して頂いているという認識はありました。

とはいえ、私たちがアディダスやナイキのようなスニーカーを作ったところで埋もれてしまうだけで意味がないというのも理解していました。

私たちは、お客様から信頼を頂いている「伝統的な靴作り」をスニーカーに落とし込むという観点から「えむわい」を作ったのです。これこそが標榜しているスニーカーとトラディショナルな革靴のデザインをあわせもつ「ハイブリッドスニーカー」とご説明するところなのです。

たとえばこちらをご覧ください。

 

ブローグシューズなどにおなじみの革の切り替えの部分に施されるギンピング。

このサドルシューズでは、ギンピングのギザギザをつま先側では革をその通りにカットしていますが、踵側ではレーザー加工でそれを模様として施すだけにしているのです。こういった「MIYAGI KOGYO」ブランドではブランドコンセプトとしてミスマッチしてしまい出来ない表現を「えむわい」では挑戦しています。

Q4.どんなファッションに合わせてほしいですか?

―ストリートやアウトドアが基本的なところでしょうか。

もちろんオフィスカジュアルにも合わせていただきたく思います。「えむわい」のホームページにもあるのですが、セットアップにTシャツ、自転車通勤…みたいなアクティブな雰囲気にマッチすると自負があります。

そうですね…雑誌でいうとOCEANSの読者さんにはもしかしたらピンとくるのかもしれません。

オフィスでの服装の多様化が推進されていて、どのような靴がいいかわからないという方や、カジュアルでもある程度きっちりとした印象を出したい方にもおススメです。そのキッチリ感を演出する要因が革という素材にあるとも思います。

Q5.特徴的なソールですね

―カップインソールのいわゆるオーソドックスなスニーカータイプとビブラム社のローリングソールを採用したタイプと2種類あります。

特にローリングソールタイプは履き心地も柔らかいですし、見た目のボリューム感あるので「新しい時代感」あり開発者の私(皆川氏)も気に入っています。プロトタイプはいろいろとあったのですが、このローリングソールは特に惚れ込んで採用しています。

ソールだけでなく、「履きやすさ」にもこだわっているんですよ。ローリングソールを使ったモデルの多くは、履き口周りにネオプレーンという素材を取り付けています。

ネオプレーンという素材になりまして、靴紐を大きく緩めなくても、ローファーのようにスポッと履いていただくことができますよ。

Q6.ソール交換は可能なのでしょうか?

―オーソドックスタイプもローリングソールもオールソール交換可能です。

宮城興業としても長くお使い頂ける靴をご用意したいと考えております。

ワールドフットウェアギャラリーでは初上陸となる「えむわい」。

ここ数年ワールドフットウェアギャラリーでは取り扱ったことのないタイプの靴になりますが、皆川様の並々ならぬ熱い気持ちが伝わってきました。

オフィスカジュアルにも、完全なカジュアルにも、スニーカータイプの靴で検討されてお悩みの方はぜひ「えむわい」もご検討されてはいかがでしょうか。

 

靴の記念日特別企画  GINZA SIX店限定「えむわい」「MIYAGI KOGYO~FOR WOMEN~」特別販売
概要:GINZA SIX店において宮城興業社の「えむわい」「MIYAGI KOGYO~FOR WOMEN~」コレクションの一部モデルを期間限定販売致します。
開催日:GINZA SIX店:3.13(土)~3.28(日)

ブログ開く

最近の投稿開く

世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 ARTIOLI(ITALY)  2004年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 CENTRAL(JAPAN)   2012年~2017年
GINZASIX店 アウトドアフェア! dubarry & Bibury Court POP UP開催のお知らせ

おすすめ記事開く

世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと 名だたるシューズブランドとの「40年物語」 BOLLINI(ITALY)  2003年~
世界中からイイ靴を! ワールド フットウェア ギャラリーと名だたるシューズブランドとの「40年物語」  LOBB’S(ITALY)1982年~
9分仕立ての靴について語ります

タグ開く