パティーヌ

条件で検索

 1980年代、オルガ・ベルルッティによって生み出されたとさパティーヌという技法。染料、顔料、溶剤を使用し、色味の無いレザーをカラーリングれているしたり、逆に色を抜いたりする技法です。

辞書的な記述は上記のようになりますが、魅力はその個性です。色味のメリハリはパティーヌをする職人やブランドの個性、好みが大きく反映されるものとなります。筆やスポンジ等を用いて丁寧に仕上げていく様は、まるで靴に生命が吹き込まれるようです。

唯一無二な表情をお探しの方には打ってつけです。


29 products