エラスティック・オン・インステップ シューズ

職場でローファーを履きたい…

 

日本という国の独特の文化の中では、履物を玄関先で脱ぎ履きするという特性があるため、ビジネスマンはずっと心の中で簡単に脱ぎ履きすることのできる革靴を求めているに違いありません。

 

ところが簡単に脱ぎ履きができる靴というとスリッポン、スリッポンというとコインローファーやタッセルローファー、ということが真っ先に頭に浮かぶのと同時に、これら以外の選択肢がほぼないことに諦めを感じてはいませんか・

 

なぜ諦めを感じるかといえば

 

「コイン(タッセル)ローファーでは、ビジネスシーンにはどうも締まらない」

 

と感じる方が一定数いるからではないでしょうか。

  

そのようにお感じになる方がいらっしゃる背景には、日本の中学・高校を中心に、ブレザー・ローファー文化が根付いているからという点が大きいかもしれません。成熟しない若者が着ているイメージはどうしても強い。

また、スーツの故郷であるイギリスではブレザーはフォーマルシーンではあまり用いません。そういった意味では、日本はイギリス式に深い愛着を持っているともいえるかもしれません。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今期WFGでは、コインローファー・タッセルローファーとは違う、大人が堂々とビジネスシーンで履くことのできるローファーをご用意いたしました。Orientalの新作、HAMILTONです。

 

 

エラスティック・オン・インステップシューズ

Oriental HAMILTON(ストレート) BLACK 55,000円(税抜)

 

Oriental HAMILTON(パンチドキャップ) PLUM 59,000円(税抜)

 

古典的であり、かつモダーンなエラスティック・オン・インステップシューズ。

日本ではセンターエラスティックシューズと呼ばれることも多いスリッポンです。

 

ストレートチップ、プレーントウ、パンチドキャップのエラスティック・オン・インステップシューズはビジネスシーンに難なくお召し頂ける、紐靴・モンクストラップ以外で唯一のスリッポンといえます。

 フォーマルスリッポンとしての性格を強く持って成熟してきたという歴史があるのです。

 

スリッポンですから、履きやすさにフォーカスされますが、甲の部分が伸縮性のエラスティック(ゴム)になっておりますので、甲に強い痛み・圧迫感を与えない構造になっています。

 

 

これは見逃せない点です。スリッポンというと、紐やストラップがない分、甲で足を止めなければいけないため、甲のフィッティングはタイトになりがちです。

 

その点、エラスティック・オン・インステップシューズでは甲の不快感を減らすことのできる構造になっているのは、大きなメリットです。

 

使用しているラストはOriental自慢の7965ラストです。

 クラシックな中にモダーンな雰囲気のある傑作ラストといっても差し支えありません。

このラストとアッパーの無駄のない造形によって、エラスティック・オン・インステップシューズはよりシャープでスタイリッシュな印象を見る手に与えることでしょう。

 

お仕事に気を遣わずに履くことのできるローファーをお探しの方、どうぞこのHAMILTONをご検討なさってみてはいかがでしょうか。